マーケティングオートメーションの選び方

用途に合わせて選ぶ!

様々なマーケティングオートメーションがありますが、目的に応じて最適なものが変わります。よくあるのがBtoBやBtoCに活用する方法ですが、どちらで活用するかで見るべきポイントも違います。BtoBの場合は、企業向けに商品などを販売することになるため、動く金額も大きくなります。大口の取引も多いので、購入するまでに時間がかかり、何度も顧客とやり取りしなければならないケースも多いです。そういう場合は、長期間フォローできるようなマーケティングオートメーションが適しています。BtoCは個人向けということで、顧客が多くなります。大量の顧客を管理しやすくなる機能がついていると便利です。メール配信やシナリオ設計ができるマーケティングオートメーションを選ぶとよいでしょう。

使いやすさやセキュリティも重要なポイント!

マーケティングオートメーションを導入するなら、やはり使いやすさを重視したほうがよいです。せっかく便利なシステムを導入しても、それを使いこなせなければ意味がありません。たくさん機能がついていたほうが便利だと感じるかもしれませんが、使わない機能がついていても意味がないですし、取り扱い方が難しくなるだけです。自社に必要な機能は何かを考え、必要最小限の機能を備えたマーケティングオートメーションを選ぶのも1つの方法です。また、すでにあるシステムと連携できるかも見ておいたほうがよいでしょう。連携ができない場合、データ移行に時間がかかってしまいます。後は、安全にシステムを運用するためにも、セキュリティ面もしっかり考慮してください。