マーケティングオートメーションとは

マーケティングオートメーションの概要

IT技術の向上に伴って、マーケティングオートメーションを導入する企業が増加傾向にあります。しかし、導入を考えている企業の中には、基本的な仕組みについて理解していないケースも少なくありません。マーケティングオートメーションとは、文字通りマーケティングに必要な作業を全て自動で行うサービスのことを言います。一昔前であれば顧客や消費者に贈るお礼や案内などの連絡は手作業によって行われていましたが、サービスの導入すれば機会に任せることができるのです。そのほかにも、企業の業績アップに繋がる新規顧客の開拓、既存客への販売といった多くの人材を必要としていた作業も一任できます。こうした複雑な作業の最適化が図れるのもマーケティングオートメーションの特徴です。

導入することで得られるメリットと注意点

企業がマーケティングオートメーションのサービスを導入する大きなメリットの一つが人材コストの削減です。前述したように、このサービスは顧客への連絡や新規取引先の開拓といった手間の掛かる作業を全て任せることができます。それまで作業に割かれていた人員が不要となることで、人権費を含むコストを大幅に減らすことが可能です。導入にはいくらかの費用は必要となりますが、平均で従業員1人程度のコストで済むと言われています。オートメーション化にすることで、人の手作業で起こりえるケアレスミスをなくせるのも魅力です。ただし、マーケティングオートメーションは使いこなすために知識と技術が求められるため、最低でも1人は専任のスタッフを用意しなくてはいけません。