マーケティングオートメーション導入のメリット

業務の自動化によりヒューマンエラーを減らすことができる

マーケティング活動のなかで、人の手でおこなってきた定型的な業務や膨大な時間とコストを要する作業を自動化するマーケティングオートメーション。導入することによって、ヒューマンエラーを減らせるメリットがあります。例えば、全顧客リストのなかから現在取引をしている顧客の除外や、長い間アプローチしていない顧客のリストアップ作業の場合、手動だとミスが発生する可能性があります。マーケティングオートメーションツールでは、顧客リストを取り入れる際に属性などによって分類(セグメント)して保存・整理が可能です。そのため、一定のグループの除外やリストアップする際に、人の手でおこなうよりもミスの発生を抑えることができます。

高度な分析と質の高い商談が可能

マーケティングの成果を上げるには、さまざまな分析も必要となります。マーケティングオートメーションでは、顧客データの一元管理から有望リストの抽出まで自動化されています。そのため、高度な分析も容易です。例えば、メールの閲覧回数やサイトのアクセス数などの計測もできます。おこなってきたマーケティング効果を数値で把握することができ、生産技術や品質管理などの改善手法であるPDCAに役立たせることが可能です。また、マーケティングオートメーションでは、Webサイト上での顧客の動きも可視化できます。問い合わせページを頻繁に閲覧している顧客などの把握も容易です。購買意欲の高まった見込み客を把握でき、優先的にアプローチすることによって質の高い商談が可能となります。