マーケティングオートメーションの運用方法

マーケティングオートメーションは自動化が基本

マーケティングオートメーションの運用は自動化が基本になります。導入するときには既存のマーケティングの方法の中から自動化してしまいたいものをピックアップして切り替えましょう。また、システム上で利用可能なマーケティング手法を確認し、今後のマーケティング展開で有効そうなものを選んで導入します。後は顧客リストなどを適宜アップデートしていくだけで基本的には集客もリード獲得も、顧客フォローもシステム上で自動的に実施してくれます。ただし、これだけではマーケティングオートメーションの意味を本当に引き出すことはできません。マーケティングオートメーションの運用をするときには見直しの機会を設けなければならないのです。

見直しを定期的に実施しよう

マーケティングオートメーションは初期設定をしてしまったら自動的にマーケティングをしてくれます。しかし、その初期設定が必ずしもベストなものになっているとは限りません。フォローをしているつもりがあまり顧客に喜ばれていなかったり、リード獲得のために導入したつもりがほとんど新規獲得ができていなかったりする場合があります。基本的には効果測定までマーケティングオートメーションで自動化されているので、その内容の見直しをして設定を変更していくのが重要です。集計結果は週単位か月単位で行えるシステムが多いので、週に一回か月に一回のペースで定期的に見直しを実施しましょう。見直しをするスケジュールを立ててしまえば安定して運用できます。